FC2ブログ

大工さん

 2011-06-01
こんにちわ!!
 今日は、現場でもなかなか見られない、大工さんの「刻み」と呼ばれる、材料の下ごしらえをご紹介します!!

 近年の建築において、プレカットが主流になっておりますが、機械ではできない部分もあります。
そういった部分は、大工さんの腕の見せどころです!!

P1000554_R.jpg

丸太にまたがり、木を削る大工さん。
柱になる丸太を加工しているんですが、プレカット出来ない理由は次の写真の木の形にあるんです。

P1000555_R.jpg

ご覧の通り、この丸みをプレカットでは作ることができません。
これを大工さんは自らの手で少しずつ削りながら形を作っていきます。

そもそも、なぜ丸くしているかというと、受けになる部分も丸太だからです。
さぁ、ぴったりはいるのでしょうか!?
P1000556_R.jpg

この通り!!

P1000557_R.jpg

見事にきっちり入って、丸く削った部分もピッタリ納まっています!!

その後、大工さんにどうやって曲線部分を合うように削るのかを聞いてみたところ、
アナログながらも、経験と伝統の技で、特殊な機械などを一切使わずに削ったとのことです。

色々とハイテク製品が出回る世の中ですが、それにも勝る伝統技術に感激しました!!
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fukuda1914.blog136.fc2.com/tb.php/25-b929345b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫